2009年12月18日

輪廻転生。

今日のこと。


渋滞気味の広めの道路で車を走らせていると、いつもは絶対に視線をやらない方向に、一瞬何かに呼ばれたかのように目を向けた・・・。


目に飛び込んで来たのは、冷たくなってしまったワンコが横たわっている姿だった。


広めの道路沿いにあるガソリンスタンドの入口近くに、力尽きたのか、眠っていたのか。。。瞳がちょっと半開きのようになった状態で。


捨て犬だったのかな?迷い犬だったのかな?
それとも、こないだお友達に借りて読んだ『星守る犬』だったのかな?

・・・ほどなく車は動き出さなくてはならなくなってしまった。
泣きそうな気持ちをこらえながら、ひとまず私はハンドルを持ちながら落ち着こうと思った。

ガソリンスタンドの人がきっと電話はしているだろうとは思った。
誰かがきっと気付いてなんとかしてくれるだろうとも思った。

でも、そのワンコが私を呼んだんじゃないかな?とも思えてしまった。

やっぱり私は、見て見ぬふりは出来なかった。


私はUターンして、ひとまず近くのホームセンターへ向かった。
そして、店員さんにお願いしてワンコの入る大きめの箱を手にいれ、ペット用の暖かそうなミニ毛布を購入した。


一生懸命気持ちを落ち着けた。


ちゃんとしてあげよう。見送ってあげるまでは、泣かずにいよう。


路上駐車しにくい場所だったので、ガソリンスタンドに車を止めて店員さんにワンコのことを尋ねると、やはりすでに電話はしているそうだった。しかし、夕方にならないと来れないとの返答だったらしい。

でも、ワンコが横たわっている場所は広めの道路からみんなに丸見えで、歩道もあってたくさんの歩行者が通る場所。

しかも、ここ連日の寒波到来で外は冷たくて寒い。

こんな場所で息絶えてしまった上に、見せ物みたいになっているワンコがかわいそうすぎてほっておくわけにはいかなかったのだ。

『わたし、連れて帰ってちゃんと火葬場へ届けてきます。すぐ引き取って帰ります、いいですか?』とお願いし、快く返事をもらって準備した。


箱を持っていき、まず暖かい毛布でワンコをくるんであげた。

『寒かったね。とりあえずおばちゃんと行こうね』とワンコを両手で抱き上げた。


それは、初めての感触だった。
冷たく、かたまった物体のように思えた。

涙があふれた。


直視するのがあまりに辛すぎて出来なかったけど、たぶん、首輪もしていなかった。


白い、雑種のような中型犬だった。男の子かな・・・


お腹が空いていたんだろう、かなり痩せこけていた。



どんな理由で野良犬になってしまったのか、わかるはずもないけど、人間のエゴであることにかわりはないよね・・・。



箱にゆっくりと入れて、車に乗せてひとまず連れて帰った。



仕事が落ち着いた夕方、地元の環境局へ電話し、事情を説明して火葬場まで再び車で連れて行った。


箱をしめる前に、ドッグフードとおやつを少し、一緒に納棺した。

『寒かったやろ?お腹空いてたか?これ食べてな・・・』と手を合わせた。



環境局のおじさんが、とても優しい口調で対応してくれた。


一緒に車のところまで来てくれ、両手でしっかり段ボールを抱えて引き取ってくださり、

『わざわざ連れてあげて来てくれてありがとう』

と言葉を掛けてくださった。

『ちゃんと火葬していただけるんですよね?』と尋ねると

『はい、もちろんちゃんと火葬するんで大丈夫ですからね』と。



ここまで、なんとなくまともな呼吸が出来ていないようなそんな気の張った状態だったけど、引渡しが終わって一人きりの帰りの車中では、本当に普通にまばたきをしているだけのつもりが、次から次から涙が静かに流れた。



この子は、どんな事情で一人ぼっちになってしまったんだろう?


よくテレビでも耳にする。引越しで平気で置き去りにされる犬、捨てられる犬。

犬はもう、野生にはかえれない。人間がそう飼いならしたのだ。


なのに、勝手な理由で犬を捨てる。なんで?
どうしてそんなひどいことが出来るの?


飼い主を選ぶことが出来ないこの犬は、どんな気持ちでいたんだろう?
どんな気持ちで最期を迎えたのだろう?


寂しかったよね。お腹空いてたよね。寒かったよね。


ごめんね・・・ごめんね・・・人間を許してね。






・・・こないだ、お友達が教えてくれた。
犬は輪廻転生が早いんだって。


だから、この子が次またもし犬に生まれ変わったなら、優しい飼い主さんのそばで愛情いっぱいに育って。心から願う。

優しい気持ちがたくさんあふれている場所で暮らせますように。



どうか、どうかお願いします。



この子も虹の橋を渡っていけるかな?いけるよね?



合掌。







ニックネーム 母ちゃん。 at 00:20| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
切ない…。
ああ、なんか言葉が出ない…。
そのワンちゃんはお空で感謝しているだろうね。
Posted by Solamame at 2009年12月18日 00:39
そのわんちゃんきっと最後に温かい毛布にくるまれて、優しいらなくりさんに連れられていたことたぶんわかったかも。 虹の向こうに言ったら、かーさんにありがとうって何度も大声でほえるでしょうね。 本当に悲しい出来事だったけど、らなくり母さん、ありがとう。 
Posted by ハッピーの母より at 2009年12月18日 21:56
☆Solamame☆
ごめんねーーーなんかこうゆう日記って悩むんやけど、やっぱり事実を伝えたくてなぁ。
気持ちに添ってくれて本当にありがとう。
そらまめの優しい心、きっとわんちゃんにも届いてるはずやから!
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2009年12月18日 23:23
☆☆ハッピーの母さん☆☆
ありがとう。母さんの優しい心きっとわんちゃんに届いていると思います。
今日はさらに寒い日だったから、早くに見つけてあげられて本当によかったと思います。
朝、目が腫れるほど昨晩は思い切り泣いたけど、きっとこのブログを読んでくれた人たちの優しい心がわんちゃんに届いていると信じたいです。
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2009年12月18日 23:25
犬の生まれ変わりで検索していてたどりつきました。本当にやさしい方ですね。
そのワンちゃん、きっと天国で感謝しています。冷たい道路から助けてくれたんですもの。
ありがとうございます。
Posted by マイロのママ at 2013年09月29日 01:27