2009年11月28日

優しい気持ち。

2軒隣のパグ、ブル君が先週虹の橋を渡っていった。

15歳というワンコにしてはきっと大往生。

飼い主は70代のご夫婦で、kanaふぁみが今の街に引っ越してきたときから
お隣の人よりも仲良くしてくださっている素敵な2人です。


ブルとは一緒に遊んだりとかはなかったけど、ご夫婦がとても大事にしておられたのをわかっていたので、こないだおうちへシクラメンのお花の鉢を届けた。

最期を2人でみとってあげられたからよかったと話してくれ、お花もとても喜んでくれていたので私も贈ってよかったなと思っていた。


すると、今日奥様が我が家へお礼と言って何か包みを届けに来てくださった。


『ブルが居なくなって、毎日なんだかとても寂しいのよ。でもね、あなたがくれた花をみるたびに、ものすごく癒されるのよ。本当にありがとう!』


と言ってくださり、涙が出そうになった。


夜に開けてみると、とってもかわいいワンコのワンポイントが入ったタオルセット。


20091128222454.jpg

贈ったお花よりきっと高いよね、このタオル、なんか申し訳ないな・・・と恐縮していると、父ちゃんが

『きっと嬉しかったんちゃうかな。値段よりも気持ちなんやろうな』と言ってくれた。


ブルもお空から喜んでくれているかな?


ブル、これからもラナクリを見守っていてね。

ニックネーム 母ちゃん。 at 22:37| Comment(2) | ラナクリのお友達。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする